世界のバイオチップ市場:企業別、種類別、用途別、地域別

• 英文タイトル:Global Biochips Market

Global Biochips Market「世界のバイオチップ市場」(グローバル市場規模・動向分析)調査レポートです。• レポートコード:MRC-SE-54769
• 発行年月:2024年06月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:医療機器・消耗品
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

当資料(Global Biochips Market)は世界のバイオチップ市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のバイオチップ市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。

最新調査によると、世界のバイオチップ市場規模は2023年のxxx百万ドルから2024年にはxxx百万ドルになると推定され、今後5年間の年平均成長率はxx%と予想されます。

バイオチップ市場の種類別(By Type)のセグメントは、DNAチップ、ラボオンチップ、プロテインチップ、その他をカバーしており、用途別(By Application)のセグメントは、バイオテクノロジー・製薬会社、病院・診断センター、学術・研究所、その他エンドユーザーをカバーしています。地域別セグメントは、北米、米国、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどに区分して、バイオチップの市場規模を調査しました。

当資料に含まれる主要企業は、Abbott、Agilent Technologies、Illumina、…などがあり、各企業のバイオチップ販売状況、製品・事業概要、市場シェアなどを掲載しています。

【目次】

世界のバイオチップ市場概要(Global Biochips Market)

主要企業の動向
– Abbott社の企業概要・製品概要
– Abbott社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Abbott社の事業動向
– Agilent Technologies社の企業概要・製品概要
– Agilent Technologies社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Agilent Technologies社の事業動向
– Illumina社の企業概要・製品概要
– Illumina社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Illumina社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2023年)

世界のバイオチップ市場(2019年~2029年)
– 種類別セグメント:DNAチップ、ラボオンチップ、プロテインチップ、その他
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別セグメント:バイオテクノロジー・製薬会社、病院・診断センター、学術・研究所、その他エンドユーザー
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

主要地域におけるバイオチップ市場規模

北米のバイオチップ市場(2019年~2029年)
– 北米のバイオチップ市場:種類別
– 北米のバイオチップ市場:用途別
– 米国のバイオチップ市場規模
– カナダのバイオチップ市場規模
– メキシコのバイオチップ市場規模

ヨーロッパのバイオチップ市場(2019年~2029年)
– ヨーロッパのバイオチップ市場:種類別
– ヨーロッパのバイオチップ市場:用途別
– ドイツのバイオチップ市場規模
– イギリスのバイオチップ市場規模
– フランスのバイオチップ市場規模

アジア太平洋のバイオチップ市場(2019年~2029年)
– アジア太平洋のバイオチップ市場:種類別
– アジア太平洋のバイオチップ市場:用途別
– 日本のバイオチップ市場規模
– 中国のバイオチップ市場規模
– インドのバイオチップ市場規模
– 東南アジアのバイオチップ市場規模

南米のバイオチップ市場(2019年~2029年)
– 南米のバイオチップ市場:種類別
– 南米のバイオチップ市場:用途別

中東・アフリカのバイオチップ市場(2019年~2029年)
– 中東・アフリカのバイオチップ市場:種類別
– 中東・アフリカのバイオチップ市場:用途別

バイオチップの流通チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 世界の化学輸送シール市場
    当資料(Global Chemical Transport Seals Market)は世界の化学輸送シール市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の化学輸送シール市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:排出バルブシール、ポンプシール、マンリッド・アクセスハッチシール、Oリング、その他、用途別:タンクローリー、鉄道タンクローリー、ISOタ …
  • 世界の車両用ホイールアライナ市場
    当資料(Global Vehicles Wheel Aligner Market)は世界の車両用ホイールアライナ市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の車両用ホイールアライナ市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:CCDホイールアライナ、3Dホイールアライナ、その他、用途別:自動車修理店&ビューティーショップ、自動車メーカー&自動車販売 …
  • 植物化学APIの世界市場
    植物化学APIの世界市場レポート(Global Phytochemical API Market)では、セグメント別市場規模(種類別:アルカロイド、アントシアニン、モノテルペン、カロテノイド、フェノール酸、その他、用途別:製薬、栄養補助食品、ハーブ系産業、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析 …
  • 世界のデジタルはんだステーション市場
    当資料(Global Digital Soldering Station Market)は世界のデジタルはんだステーション市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のデジタルはんだステーション市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:シングルチャンネル、デュアルチャンネル、マルチチャンネル、用途別:電子機器修理工房、電子実験室、家庭用、その他 …
  • 世界の骨髄穿刺・生検市場
    当資料(Global Bone Marrow Aspiration and Biopsy Market)は世界の骨髄穿刺・生検市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の骨髄穿刺・生検市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:使い捨て式、再利用可能式、用途別:病院、クリニック)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。 …
  • 世界の警告テープ市場
    当資料(Global Warning Tape Market)は世界の警告テープ市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の警告テープ市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:PVCテープ、PEテープ、フィラメントテープ、BOPPテープ、その他、用途別:地下(パイプ、ケーブル、その他)、道路、工場、建築、機械、その他)、主要地域別市場規模、流 …
  • 世界の車両用アルミホイール市場
    当資料(Global Vehicle Aluminum Wheels Market)は世界の車両用アルミホイール市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の車両用アルミホイール市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:鋳造工程、鍛造工程、半固体金型鍛造工程、用途別:OEM、アフターマーケット)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を …
  • 世界のビルトイン冷蔵庫市場
    当資料(Global Built-in Refrigerator Market)は世界のビルトイン冷蔵庫市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のビルトイン冷蔵庫市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:150L、150L以上、150-210L、211-230L、231-280L、281-450L、451-560L、561L以下、用途別:商 …
  • 陰極アルミ箔の世界市場
    陰極アルミ箔の世界市場レポート(Global Cathode Aluminum Foil Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ハードフォイル、セミリジッドフォイル、ソフトフォイル、用途別:包装、断熱材、コンデンサー、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナ …
  • 屋外用セキュリティスマート照明の世界市場
    屋外用セキュリティスマート照明の世界市場レポート(Global Outdoor Security Smart Lighting Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ランプ、照明管理システム、用途別:住宅用、商業用、工業用、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ …

【キーワード】バイオチップ、DNAチップ、ラボオンチップ、プロテインチップ、バイオテクノロジー・製薬会社、病院・診断センター、学術・研究所エンドユーザー