世界のコールタール処理用ナフタレン市場:2024年レポート

• 英文タイトル:Global Coal-Tar Processing Naphthalene Market

Global Coal-Tar Processing Naphthalene Market「世界のコールタール処理用ナフタレン市場」(グローバル市場規模・動向分析)調査レポートです。• レポートコード:MRC-SE-77836
• 発行年月:2024年06月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:Chemical & Material
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

当資料(Global Coal-Tar Processing Naphthalene Market)は世界のコールタール処理用ナフタレン市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のコールタール処理用ナフタレン市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。

最新調査によると、世界のコールタール処理用ナフタレン市場規模は2023年のxxx百万ドルから2024年にはxxx百万ドルになると推定され、今後5年間の年平均成長率はxx%と予想されます。

コールタール処理用ナフタレン市場の種類別(By Type)のセグメントは、純度≥94%、純度≥95%、純度≥96%、その他をカバーしており、用途別(By Application)のセグメントは、無水フタル酸、精製ナフタレン、減水剤、その他をカバーしています。地域別セグメントは、北米、米国、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどに区分して、コールタール処理用ナフタレンの市場規模を調査しました。

当資料に含まれる主要企業は、Rain Industries、OCI、Baowu Carbon Material、…などがあり、各企業のコールタール処理用ナフタレン販売状況、製品・事業概要、市場シェアなどを掲載しています。

【目次】

世界のコールタール処理用ナフタレン市場概要(Global Coal-Tar Processing Naphthalene Market)

主要企業の動向
– Rain Industries社の企業概要・製品概要
– Rain Industries社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Rain Industries社の事業動向
– OCI社の企業概要・製品概要
– OCI社の販売量・売上・価格・市場シェア
– OCI社の事業動向
– Baowu Carbon Material社の企業概要・製品概要
– Baowu Carbon Material社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Baowu Carbon Material社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2023年)

世界のコールタール処理用ナフタレン市場(2019年~2029年)
– 種類別セグメント:純度≥94%、純度≥95%、純度≥96%、その他
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別セグメント:無水フタル酸、精製ナフタレン、減水剤、その他
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

主要地域におけるコールタール処理用ナフタレン市場規模

北米のコールタール処理用ナフタレン市場(2019年~2029年)
– 北米のコールタール処理用ナフタレン市場:種類別
– 北米のコールタール処理用ナフタレン市場:用途別
– 米国のコールタール処理用ナフタレン市場規模
– カナダのコールタール処理用ナフタレン市場規模
– メキシコのコールタール処理用ナフタレン市場規模

ヨーロッパのコールタール処理用ナフタレン市場(2019年~2029年)
– ヨーロッパのコールタール処理用ナフタレン市場:種類別
– ヨーロッパのコールタール処理用ナフタレン市場:用途別
– ドイツのコールタール処理用ナフタレン市場規模
– イギリスのコールタール処理用ナフタレン市場規模
– フランスのコールタール処理用ナフタレン市場規模

アジア太平洋のコールタール処理用ナフタレン市場(2019年~2029年)
– アジア太平洋のコールタール処理用ナフタレン市場:種類別
– アジア太平洋のコールタール処理用ナフタレン市場:用途別
– 日本のコールタール処理用ナフタレン市場規模
– 中国のコールタール処理用ナフタレン市場規模
– インドのコールタール処理用ナフタレン市場規模
– 東南アジアのコールタール処理用ナフタレン市場規模

南米のコールタール処理用ナフタレン市場(2019年~2029年)
– 南米のコールタール処理用ナフタレン市場:種類別
– 南米のコールタール処理用ナフタレン市場:用途別

中東・アフリカのコールタール処理用ナフタレン市場(2019年~2029年)
– 中東・アフリカのコールタール処理用ナフタレン市場:種類別
– 中東・アフリカのコールタール処理用ナフタレン市場:用途別

コールタール処理用ナフタレンの流通チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 世界のツインチップマーカーペン市場
    当資料(Global Twin-Tip Marker Pens Market)は世界のツインチップマーカーペン市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のツインチップマーカーペン市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:永続的、非永続的、用途別:学術機関、商業、住宅)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含 …
  • 世界の軟質フォーム用ポリエーテルポリオール市場
    当資料(Global Polyether Polyols for Flexible Foams Market)は世界の軟質フォーム用ポリエーテルポリオール市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の軟質フォーム用ポリエーテルポリオール市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:芳香族ポリエステルポリオール、脂肪族ポリエステルポリオール、その他、 …
  • 抗イディオタイプ抗体の世界市場
    抗イディオタイプ抗体の世界市場レポート(Global Anti Idiotype Antibody Market)では、セグメント別市場規模(種類別:抗原ブロッキング抗イディオ抗体、ノンブロッキングアンチID抗体、特異的複合体抗イディオ抗体、用途別:薬物動態アッセイ、免疫原性アッセイ)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行い …
  • 世界の精密植物市場
    当資料(Global Precision Planting Market)は世界の精密植物市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の精密植物市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:高速精密植物システム、精密空気種まき機、ドローン、用途別:作物、林業、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含まれる …
  • 世界の屋外防水毛布市場
    当資料(Global Outdoor Waterproof Blanket Market)は世界の屋外防水毛布市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の屋外防水毛布市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:ウール、コットン、ポリエステル、その他の素材、用途別:屋外アクティビティ、看護、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報 …
  • 世界のクラウドゲーム市場
    当資料(Global Cloud Gaming Market)は世界のクラウドゲーム市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のクラウドゲーム市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:ビデオストリーミング、ファイルストリーミング、用途別:PC、コネクテッドTV、タブレット、スマートフォン)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載 …
  • 世界の寝室用家具市場
    当資料(Global Bedroom Furnishings Market)は世界の寝室用家具市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の寝室用家具市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:ベッド、ワードローブ、ドレッサー、ベッドサイドテーブル、その他、用途別:家庭用、商業用、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載して …
  • 世界のリン酸一アンモニウム(MAP)市場
    当資料(Global Monoammonium Phosphate (MAP) Market)は世界のリン酸一アンモニウム(MAP)市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のリン酸一アンモニウム(MAP)市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:食品用、製薬用、肥料用、工業用、用途別:食品・飲料、医薬品、医療&パーソナルケア、農業/動物飼料 …
  • メタクリル酸ステアリル(SMA)の世界市場
    メタクリル酸ステアリル(SMA)の世界市場レポート(Global Stearyl Methacrylate (SMA) Market)では、セグメント別市場規模(種類別:固体、液体、用途別:テキスタイル、コーティング剤・塗装、接着剤、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、 …
  • CGAT2抗体の世界市場
    CGAT2抗体の世界市場レポート(Global CGAT2 Antibody Market)では、セグメント別市場規模(種類別:pAbs、mAb、用途別:バイオサイエンス企業、病院・診療所、大学・機関、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ド …

【キーワード】コールタール処理用ナフタレン、純度≥94%、純度≥95%、純度≥96%、無水フタル酸、精製ナフタレン、減水剤