脳深部刺激装置の世界市場:2024年~2029年

• 英文タイトル:Global Deep Brain Stimulation Devices Market

Global Deep Brain Stimulation Devices Market「脳深部刺激装置の世界市場」(グローバル市場規模・動向分析)調査レポートです。• レポートコード:MRC-SE-03705
• 発行年月:2024年04月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:医療
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

脳深部刺激装置の世界市場レポート(Global Deep Brain Stimulation Devices Market)では、セグメント別市場規模、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。

最新の調査によると、脳深部刺激装置の世界市場規模は、2023年のxxx百万ドルから2024年にはxxx百万ドルとなり、2023年から2024年の間にxx%の変化があると推定されています。脳深部刺激装置の世界市場規模は、今後5年間でxx%の年率で成長すると予測されています。

地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどを対象にして、脳深部刺激装置の市場規模を算出しました。

脳深部刺激装置市場は、種類別には、シングルチャネルDBS、デュアルチャネルDBSに、用途別には、パーキンソン病、本態性振戦、ジストニア、その他に区分してグローバルと主要地域における2019年~2029年の市場規模を調査・予測しました。

当レポートに含まれる主要企業は、Medtronic、Boston Scientific、Abbott、…などがあり、各企業の脳深部刺激装置販売量、売上、価格、市場シェアなどを分析しました。

【目次】

脳深部刺激装置市場の概要(Global Deep Brain Stimulation Devices Market)

主要企業の動向
– Medtronic社の企業概要・製品概要
– Medtronic社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Medtronic社の事業動向
– Boston Scientific社の企業概要・製品概要
– Boston Scientific社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Boston Scientific社の事業動向
– Abbott社の企業概要・製品概要
– Abbott社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Abbott社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2023年)

脳深部刺激装置の世界市場(2019年~2029年)
– 種類別区分:シングルチャネルDBS、デュアルチャネルDBS
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別区分:パーキンソン病、本態性振戦、ジストニア、その他
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

脳深部刺激装置の地域別市場分析

脳深部刺激装置の北米市場(2019年~2029年)
– 脳深部刺激装置の北米市場:種類別
– 脳深部刺激装置の北米市場:用途別
– 脳深部刺激装置のアメリカ市場規模
– 脳深部刺激装置のカナダ市場規模
– 脳深部刺激装置のメキシコ市場規模

脳深部刺激装置のヨーロッパ市場(2019年~2029年)
– 脳深部刺激装置のヨーロッパ市場:種類別
– 脳深部刺激装置のヨーロッパ市場:用途別
– 脳深部刺激装置のドイツ市場規模
– 脳深部刺激装置のイギリス市場規模
– 脳深部刺激装置のフランス市場規模

脳深部刺激装置のアジア市場(2019年~2029年)
– 脳深部刺激装置のアジア市場:種類別
– 脳深部刺激装置のアジア市場:用途別
– 脳深部刺激装置の日本市場規模
– 脳深部刺激装置の中国市場規模
– 脳深部刺激装置のインド市場規模
– 脳深部刺激装置の東南アジア市場規模

脳深部刺激装置の南米市場(2019年~2029年)
– 脳深部刺激装置の南米市場:種類別
– 脳深部刺激装置の南米市場:用途別

脳深部刺激装置の中東・アフリカ市場(2019年~2029年)
– 脳深部刺激装置の中東・アフリカ市場:種類別
– 脳深部刺激装置の中東・アフリカ市場:用途別

脳深部刺激装置の販売チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • ポリグリコール酸の世界市場
    ポリグリコール酸の世界市場レポート(Global Polyglycolic Acid Market)では、セグメント別市場規模(種類別:工業用、医療用、用途別:石油・ガス、包装、医療、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フ …
  • チオ酢酸の世界市場
    チオ酢酸の世界市場レポート(Global Thioacetic Acid Market)では、セグメント別市場規模(種類別:純度98%以上、純度98%以下、用途別:化粧品、医薬品、食品添加物、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギ …
  • ソーセージ/ホットドッグケーシングの世界市場
    ソーセージ/ホットドッグケーシングの世界市場レポート(Global Sausage/Hotdog Casings Market)では、セグメント別市場規模(種類別:天然ケーシング、人工ケーシング、用途別:食用、非食用)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロ …
  • 脳血栓切除システムの世界市場
    脳血栓切除システムの世界市場レポート(Global Cerebral Thrombectomy Systems Market)では、セグメント別市場規模(種類別:クラレットセンチネルシステム、キーストーンハート商標機器、エンブレラ塞栓ディフレクター、用途別:病院、クリニック)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地 …
  • 合成およびバイオベース生分解性プラスチックの世界市場
    合成およびバイオベース生分解性プラスチックの世界市場レポート(Global Synthetic and Bio-Based Biodegradable Plastics Market)では、セグメント別市場規模(種類別:合成生分解性プラスチック、バイオベース生分解性プラスチック、用途別:包装、輸送、農業、電子機器、繊維、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販 …
  • リンガル矯正ブラケットの世界市場
    リンガル矯正ブラケットの世界市場レポート(Global Lingual Orthodontics Brackets Market)では、セグメント別市場規模(種類別:カスタマイズ型裏側矯正、標準型裏側矯正、用途別:審美用裏側矯正、リンガル用裏側矯正、カスタマイズ用裏側矯正)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域 …
  • ワックスエマルジョンの世界市場
    ワックスエマルジョンの世界市場レポート(Global Wax Emulsion Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ポリエチレン、パラフィン、ポリプロピレン、カルナウバロウ、その他、用途別:塗料・コーティング剤、接着剤・シーラント、化粧品、繊維、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別 …
  • 世界のHVACファン&エバポレーターコイル市場
    当資料(Global HVAC Fan and Evaporator Coil Market)は世界のHVACファン&エバポレーターコイル市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のHVACファン&エバポレーターコイル市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:ファンコイル、エバポレーターコイル、用途別:工業用、商業用、住宅用)、主要地域別市場 …
  • 世界の高性能ポリアミド市場
    当資料(Global High Performance Polyamides Market)は世界の高性能ポリアミド市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の高性能ポリアミド市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:PA6、PA66、PA11、PA12、その他、用途別:運輸、電気・電子、医療、工業)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析など …
  • 髄膜炎菌性疾患治療薬の世界市場
    髄膜炎菌性疾患治療薬の世界市場レポート(Global Meningococcal Disease Drugs Market)では、セグメント別市場規模(種類別:注射剤、経口、用途別:病院、ドラッグストア、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、 …

【キーワード】脳深部刺激装置、シングルチャネルDBS、デュアルチャネルDBS、パーキンソン病、本態性振戦、ジストニア