生鮮食品残留検査の世界市場:市場規模・動向・予測

• 英文タイトル:Global Fresh Food Residue Testing Market

Global Fresh Food Residue Testing Market「生鮮食品残留検査の世界市場」(グローバル市場規模・動向分析)調査レポートです。• レポートコード:MRC-SE-17485
• 発行年月:2024年06月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:サービス、ソフトウェア
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

生鮮食品残留検査の世界市場レポート(Global Fresh Food Residue Testing Market)では、セグメント別市場規模、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。

最新の調査によると、生鮮食品残留検査の世界市場規模は、2023年のxxx百万ドルから2024年にはxxx百万ドルとなり、2023年から2024年の間にxx%の変化があると推定されています。生鮮食品残留検査の世界市場規模は、今後5年間でxx%の年率で成長すると予測されています。

地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどを対象にして、生鮮食品残留検査の市場規模を算出しました。

生鮮食品残留検査市場は、種類別には、残留農薬、毒素検査、重金属検査、食品アレルゲン検査、その他に、用途別には、肉・鶏肉、乳製品、果物・野菜、その他に区分してグローバルと主要地域における2019年~2029年の市場規模を調査・予測しました。

当レポートに含まれる主要企業は、Mérieux NutriSciences、Microbac Laboratories Inc.、Intertek Group Plc.、…などがあり、各企業の生鮮食品残留検査販売量、売上、価格、市場シェアなどを分析しました。

【目次】

生鮮食品残留検査市場の概要(Global Fresh Food Residue Testing Market)

主要企業の動向
– Mérieux NutriSciences社の企業概要・製品概要
– Mérieux NutriSciences社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Mérieux NutriSciences社の事業動向
– Microbac Laboratories Inc.社の企業概要・製品概要
– Microbac Laboratories Inc.社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Microbac Laboratories Inc.社の事業動向
– Intertek Group Plc.社の企業概要・製品概要
– Intertek Group Plc.社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Intertek Group Plc.社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2023年)

生鮮食品残留検査の世界市場(2019年~2029年)
– 種類別区分:残留農薬、毒素検査、重金属検査、食品アレルゲン検査、その他
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別区分:肉・鶏肉、乳製品、果物・野菜、その他
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

生鮮食品残留検査の地域別市場分析

生鮮食品残留検査の北米市場(2019年~2029年)
– 生鮮食品残留検査の北米市場:種類別
– 生鮮食品残留検査の北米市場:用途別
– 生鮮食品残留検査のアメリカ市場規模
– 生鮮食品残留検査のカナダ市場規模
– 生鮮食品残留検査のメキシコ市場規模

生鮮食品残留検査のヨーロッパ市場(2019年~2029年)
– 生鮮食品残留検査のヨーロッパ市場:種類別
– 生鮮食品残留検査のヨーロッパ市場:用途別
– 生鮮食品残留検査のドイツ市場規模
– 生鮮食品残留検査のイギリス市場規模
– 生鮮食品残留検査のフランス市場規模

生鮮食品残留検査のアジア市場(2019年~2029年)
– 生鮮食品残留検査のアジア市場:種類別
– 生鮮食品残留検査のアジア市場:用途別
– 生鮮食品残留検査の日本市場規模
– 生鮮食品残留検査の中国市場規模
– 生鮮食品残留検査のインド市場規模
– 生鮮食品残留検査の東南アジア市場規模

生鮮食品残留検査の南米市場(2019年~2029年)
– 生鮮食品残留検査の南米市場:種類別
– 生鮮食品残留検査の南米市場:用途別

生鮮食品残留検査の中東・アフリカ市場(2019年~2029年)
– 生鮮食品残留検査の中東・アフリカ市場:種類別
– 生鮮食品残留検査の中東・アフリカ市場:用途別

生鮮食品残留検査の販売チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 世界のアナログ差圧センサー市場
    当資料(Global Analog Differential Pressure Sensors Market)は世界のアナログ差圧センサー市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のアナログ差圧センサー市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:シリコンベース、フォイルベース、用途別:自動車、医療、HVAC、工業、軍事・防衛、その他)、主要地域 …
  • コンデンサユニットの世界市場
    コンデンサユニットの世界市場レポート(Global Capacitor Unit Market)では、セグメント別市場規模(種類別:セラミックコンデンサ、フィルムコンデンサ、電解コンデンサ、可変コンデンサ、用途別:エネルギー貯蔵、電力伝導、モータースターター、発振器、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地 …
  • ゲーミフィケーションの世界市場
    ゲーミフィケーションの世界市場レポート(Global Gamification Market)では、セグメント別市場規模(種類別:企業主導ソリューション、消費者主導ソリューション、用途別:中小企業、大企業)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ …
  • 世界の水陸両用ボート市場
    当資料(Global Amphibious Boats Market)は世界の水陸両用ボート市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の水陸両用ボート市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:スクリュープロペラ推進、ウォータージェット推進、軌道系推進、その他、用途別:防衛、商業)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています …
  • 世界のゴム用加硫・添加剤市場
    当資料(Global Rubber Vulcanization and its Additives Market)は世界のゴム用加硫・添加剤市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のゴム用加硫・添加剤市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:促進剤、加硫剤、活性剤、その他、用途別:自動車、医療、工業、消費財、その他)、主要地域別市場規模、流 …
  • ナビゲーション機能付きシューズの世界市場
    ナビゲーション機能付きシューズの世界市場レポート(Global Navigation Shoes Market)では、セグメント別市場規模(種類別:男性用シューズ、女性用シューズ、用途別:大人、子供)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギ …
  • 世界の近接照射療法機器市場
    当資料(Global Brachytherapy Equipment Market)は世界の近接照射療法機器市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の近接照射療法機器市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:高線量率、低線量率、用途別:病院、腫瘍治療センター、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に …
  • 世界のシングルモルトスコッチ市場
    当資料(Global Single Malt Scotch Market)は世界のシングルモルトスコッチ市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のシングルモルトスコッチ市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:ハイランド地方、ローランド地方、スペイサイド、キャンベルタウン、アイラ島、用途別:個人用、商業用、その他)、主要地域別市場規模、流通 …
  • シリコン摩擦抵抗性青銅合金の世界市場
    シリコン摩擦抵抗性青銅合金の世界市場レポート(Global Silicon Friction Resistant Bronze Alloys Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ロッド、バー、ワイヤー、チューブ、その他、用途別:ポンプ、バルブ部品、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国 …
  • 世界の電気めっき薬品市場
    当資料(Global Electroplating Chemicals Market)は世界の電気めっき薬品市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の電気めっき薬品市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:前処理剤、電気めっき添加剤、後処理剤、用途別:自動車、電気・電子、航空宇宙・防衛、ジュエリー、機械部品・部品)、主要地域別市場規模、流通 …

【キーワード】生鮮食品残留検査、残留農薬、毒素検査、重金属検査、食品アレルゲン検査、肉・鶏肉、乳製品、果物・野菜