世界の農薬種子用コーティング剤市場:市場規模・動向・予測

• 英文タイトル:Global Pesticide Seed Coating Agent Market

Global Pesticide Seed Coating Agent Market「世界の農薬種子用コーティング剤市場」(グローバル市場規模・動向分析)調査レポートです。• レポートコード:MRC-SE-48377
• 発行年月:2024年05月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:Chemical & Material
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

当資料(Global Pesticide Seed Coating Agent Market)は世界の農薬種子用コーティング剤市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の農薬種子用コーティング剤市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。

最新調査によると、世界の農薬種子用コーティング剤市場規模は2023年のxxx百万ドルから2024年にはxxx百万ドルになると推定され、今後5年間の年平均成長率はxx%と予想されます。

農薬種子用コーティング剤市場の種類別(By Type)のセグメントは、乾燥粉末種子コーティング剤、サスペンション種子コーティング剤、ゴムサスペンション種子コーティング剤をカバーしており、用途別(By Application)のセグメントは、小麦、とうもろこし、大豆、その他をカバーしています。地域別セグメントは、北米、米国、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどに区分して、農薬種子用コーティング剤の市場規模を調査しました。

当資料に含まれる主要企業は、Bayer、Syngenta、BASF、…などがあり、各企業の農薬種子用コーティング剤販売状況、製品・事業概要、市場シェアなどを掲載しています。

【目次】

世界の農薬種子用コーティング剤市場概要(Global Pesticide Seed Coating Agent Market)

主要企業の動向
– Bayer社の企業概要・製品概要
– Bayer社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Bayer社の事業動向
– Syngenta社の企業概要・製品概要
– Syngenta社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Syngenta社の事業動向
– BASF社の企業概要・製品概要
– BASF社の販売量・売上・価格・市場シェア
– BASF社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2023年)

世界の農薬種子用コーティング剤市場(2019年~2029年)
– 種類別セグメント:乾燥粉末種子コーティング剤、サスペンション種子コーティング剤、ゴムサスペンション種子コーティング剤
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別セグメント:小麦、とうもろこし、大豆、その他
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

主要地域における農薬種子用コーティング剤市場規模

北米の農薬種子用コーティング剤市場(2019年~2029年)
– 北米の農薬種子用コーティング剤市場:種類別
– 北米の農薬種子用コーティング剤市場:用途別
– 米国の農薬種子用コーティング剤市場規模
– カナダの農薬種子用コーティング剤市場規模
– メキシコの農薬種子用コーティング剤市場規模

ヨーロッパの農薬種子用コーティング剤市場(2019年~2029年)
– ヨーロッパの農薬種子用コーティング剤市場:種類別
– ヨーロッパの農薬種子用コーティング剤市場:用途別
– ドイツの農薬種子用コーティング剤市場規模
– イギリスの農薬種子用コーティング剤市場規模
– フランスの農薬種子用コーティング剤市場規模

アジア太平洋の農薬種子用コーティング剤市場(2019年~2029年)
– アジア太平洋の農薬種子用コーティング剤市場:種類別
– アジア太平洋の農薬種子用コーティング剤市場:用途別
– 日本の農薬種子用コーティング剤市場規模
– 中国の農薬種子用コーティング剤市場規模
– インドの農薬種子用コーティング剤市場規模
– 東南アジアの農薬種子用コーティング剤市場規模

南米の農薬種子用コーティング剤市場(2019年~2029年)
– 南米の農薬種子用コーティング剤市場:種類別
– 南米の農薬種子用コーティング剤市場:用途別

中東・アフリカの農薬種子用コーティング剤市場(2019年~2029年)
– 中東・アフリカの農薬種子用コーティング剤市場:種類別
– 中東・アフリカの農薬種子用コーティング剤市場:用途別

農薬種子用コーティング剤の流通チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 世界のポータブル型LEDワークライト市場
    当資料(Global Portable LED Worklights Market)は世界のポータブル型LEDワークライト市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のポータブル型LEDワークライト市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:コード有りポータブル型ワークライト、コード無しポータブル型ワークライト、用途別:工業、建設、住宅、その他) …
  • 紫外線安定剤の世界市場
    紫外線安定剤の世界市場レポート(Global UV Light Stabilizer Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ベンゾトリアゾール、アニリンシュウ酸塩、ベンゾフェノン、用途別:床塗装、自動車塗装、家具塗装、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナ …
  • 世界のポータブル発電所市場
    当資料(Global Portable Power Station Market)は世界のポータブル発電所市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のポータブル発電所市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:ディーゼルタイプ、ガソリンタイプ、ガスタイプ、その他のタイプ、用途別:住宅用、商業用、工業用)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析など …
  • 2-オクタノールの世界市場
    2-オクタノールの世界市場レポート(Global 2-Octanol Market)では、セグメント別市場規模(種類別:純度≥99%、純度≥80%、用途別:プラスチック可塑剤、乳化剤、合成香料、ミネラル浮選剤、消泡剤、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ …
  • 世界の食品漂白剤市場
    当資料(Global Food Bleaching Agents Market)は世界の食品漂白剤市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の食品漂白剤市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:アゾジカルボンアミド、過酸化水素、アスコルビン酸、過酸化アセトン、二酸化塩素、その他、用途別:ベーカリー製品、小麦粉、チーズ、その他)、主要地域別市場 …
  • 世界のシャッタースラット市場
    当資料(Global Shutter Slats Market)は世界のシャッタースラット市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のシャッタースラット市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:スラット幅32-42mm、スラット幅43-51mm、スラット幅52-55mm、その他、用途別:家庭用、商業用)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析な …
  • 円形ブレードスライサーの世界市場
    円形ブレードスライサーの世界市場レポート(Global Circular Blade Slicers Market)では、セグメント別市場規模(種類別:手動、半自動、全自動、用途別:肉、鶏肉、シーフード、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、 …
  • セーリングディンギーの世界市場
    セーリングディンギーの世界市場レポート(Global Sailing Dinghies Market)では、セグメント別市場規模(種類別:多人数用、片手用、その他、用途別:レクリエーション、教育、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、 …
  • CT放射線遮蔽装置の世界市場
    CT放射線遮蔽装置の世界市場レポート(Global CT Radiation Shielding Device Market)では、セグメント別市場規模(種類別:盾、ブース、カーテン、用途別:病院、診療所、医療)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、 …
  • 発酵植物エキスの世界市場
    発酵植物エキスの世界市場レポート(Global Fermented Plant Extract Market)では、セグメント別市場規模(種類別:クリーム、液体、カプセル、用途別:化粧品、肥料、栄養補助食品)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイ …

【キーワード】農薬種子用コーティング剤、乾燥粉末種子コーティング剤、サスペンション種子コーティング剤、ゴムサスペンション種子コーティング剤、小麦、とうもろこし、大豆