アクティブガス置換包装技術の世界市場:種類別・用途別・地域別分析

• 英文タイトル:Global Active Modified Atmosphere Packaging Technology Market

Global Active Modified Atmosphere Packaging Technology Market「アクティブガス置換包装技術の世界市場」(グローバル市場規模・動向分析)調査レポートです。• レポートコード:MRC-SE-26607
• 発行年月:2024年05月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:包装・物流
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

アクティブガス置換包装技術の世界市場レポート(Global Active Modified Atmosphere Packaging Technology Market)では、セグメント別市場規模、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。

最新の調査によると、アクティブガス置換包装技術の世界市場規模は、2023年のxxx百万ドルから2024年にはxxx百万ドルとなり、2023年から2024年の間にxx%の変化があると推定されています。アクティブガス置換包装技術の世界市場規模は、今後5年間でxx%の年率で成長すると予測されています。

地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどを対象にして、アクティブガス置換包装技術の市場規模を算出しました。

アクティブガス置換包装技術市場は、種類別には、PE、PP、PVC、PA、PETに、用途別には、加工食品、乳製品、家禽、魚介類、果物、野菜、その他に区分してグローバルと主要地域における2019年~2029年の市場規模を調査・予測しました。

当レポートに含まれる主要企業は、Amcor、Ilapak International、Coveris、…などがあり、各企業のアクティブガス置換包装技術販売量、売上、価格、市場シェアなどを分析しました。

【目次】

アクティブガス置換包装技術市場の概要(Global Active Modified Atmosphere Packaging Technology Market)

主要企業の動向
– Amcor社の企業概要・製品概要
– Amcor社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Amcor社の事業動向
– Ilapak International社の企業概要・製品概要
– Ilapak International社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Ilapak International社の事業動向
– Coveris社の企業概要・製品概要
– Coveris社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Coveris社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2023年)

アクティブガス置換包装技術の世界市場(2019年~2029年)
– 種類別区分:PE、PP、PVC、PA、PET
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別区分:加工食品、乳製品、家禽、魚介類、果物、野菜、その他
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

アクティブガス置換包装技術の地域別市場分析

アクティブガス置換包装技術の北米市場(2019年~2029年)
– アクティブガス置換包装技術の北米市場:種類別
– アクティブガス置換包装技術の北米市場:用途別
– アクティブガス置換包装技術のアメリカ市場規模
– アクティブガス置換包装技術のカナダ市場規模
– アクティブガス置換包装技術のメキシコ市場規模

アクティブガス置換包装技術のヨーロッパ市場(2019年~2029年)
– アクティブガス置換包装技術のヨーロッパ市場:種類別
– アクティブガス置換包装技術のヨーロッパ市場:用途別
– アクティブガス置換包装技術のドイツ市場規模
– アクティブガス置換包装技術のイギリス市場規模
– アクティブガス置換包装技術のフランス市場規模

アクティブガス置換包装技術のアジア市場(2019年~2029年)
– アクティブガス置換包装技術のアジア市場:種類別
– アクティブガス置換包装技術のアジア市場:用途別
– アクティブガス置換包装技術の日本市場規模
– アクティブガス置換包装技術の中国市場規模
– アクティブガス置換包装技術のインド市場規模
– アクティブガス置換包装技術の東南アジア市場規模

アクティブガス置換包装技術の南米市場(2019年~2029年)
– アクティブガス置換包装技術の南米市場:種類別
– アクティブガス置換包装技術の南米市場:用途別

アクティブガス置換包装技術の中東・アフリカ市場(2019年~2029年)
– アクティブガス置換包装技術の中東・アフリカ市場:種類別
– アクティブガス置換包装技術の中東・アフリカ市場:用途別

アクティブガス置換包装技術の販売チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 世界の軍用爆薬&推進薬市場
    当資料(Global Military Explosives and Propellants Market)は世界の軍用爆薬&推進薬市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の軍用爆薬&推進薬市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:軍用推進薬、軍用爆薬、用途別:軍事、防衛)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当 …
  • 世界の非アクティブ乾燥酵母市場
    当資料(Global Inactive Dried Yeast Market)は世界の非アクティブ乾燥酵母市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の非アクティブ乾燥酵母市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:飼料用、食品用、製薬用、用途別:食品、発酵、健康、飼料)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含 …
  • 世界のフォワーダー市場
    当資料(Global Forwarders Market)は世界のフォワーダー市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のフォワーダー市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:小型フォワーダー、中型フォワーダー、大型フォワーダー、用途別:林業、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含まれる主要企業は …
  • 世界のスピン電界効果トランジスタ(FET)市場
    当資料(Global Spin Field Effect Transistors (FETs) Market)は世界のスピン電界効果トランジスタ(FET)市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のスピン電界効果トランジスタ(FET)市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:右回りスピン​​、左回りスピン、用途別:データストレージ、電気自動車 …
  • アンビリカルチューブの世界市場
    アンビリカルチューブの世界市場レポート(Global Umbilical Tubes Market)では、セグメント別市場規模(種類別:スーパー二相ステンレス、ハイパー二相ステンレス、用途別:沖合油田管状品、ラインパイプ)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨ …
  • 世界の遺伝毒性試験市場
    当資料(Global Genetic Toxicology Testing Market)は世界の遺伝毒性試験市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の遺伝毒性試験市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:試薬&消耗品、分析、サービス、用途別:医療産業(製薬&バイオテクノロジー)、食品産業、化粧品産業、農業&化学産業)、主要地域別市場規模、 …
  • 太陽熱線シールド塗料の世界市場
    太陽熱線シールド塗料の世界市場レポート(Global Solar Heat-ray Shielding Paint Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ハウス塗料、自動車塗料、用途別:自動車用窓ガラス、窓ガラスフィルム、自動車用照明、ルーフクーリング)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分 …
  • 世界のパッケージングにおける電子写真方式印刷市場
    当資料(Global Electrophotographic Printing in Packaging Market)は世界のパッケージングにおける電子写真方式印刷市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のパッケージングにおける電子写真方式印刷市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:水性、ラテックス、溶剤、UV硬化、用途別:デジタル、フ …
  • 世界の個人用保護具市場
    当資料(Global Individual Protection Equipment Market)は世界の個人用保護具市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の個人用保護具市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:手・腕保護、保護服、足・脚保護、呼吸器保護、目・顔保護、頭保護、その他、用途別:製造、建設、石油・ガス、医療、輸送、その他)、 …
  • 船体コーティング剤の世界市場
    船体コーティング剤の世界市場レポート(Global Hull Coatings Market)では、セグメント別市場規模(種類別:自己研磨コーティング剤(SPC)、ファウリングリリースコーティング剤(FRC)、用途別:船舶、リグ)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキ …

【キーワード】アクティブガス置換包装技術、PE、PP、PVC、PA、PET、加工食品、乳製品、家禽、魚介類、果物、野菜